予防方法は? | 対象の動物にあったレボリューションを通販で!

対象の動物にあったレボリューションを通販で!

予防方法は?

「予防方法は?」の画像です。

フィラリア症は、死に至ることもある病気です。感染をしてしまったらとても怖い病気ではありますが、確実に予防することもできる病気です。確実に予防するためには、まずは予防薬を投与する前に病院でフィラリア検査を受けるようにしましょう。フィラリア症に既にかかっている状態で予防薬を投与してしまった場合、アナフィラキシー症状などを引き起こし、大変危険な状態になってしまいます。アナフィラキシー症状とは、アレルギーなどのショックを引き起こすことで、症状はさまざまですが、死に至ることもある危ない状況となります。予防するために投与しているのに危険な目にあわせてしまっては意味がありません。しっかりと予防薬を投与する前には検査を受けるようにしましょう。フィラリア検査は、動物病院で1000円前後で受けることができるようになっています。毎年投与する前には検査を行うようにするのがオススメです。一応夏の期間中に予防することになりますが、蚊は冬の間にも生息している種類がいるため、絶対に感染しないという保証はありません。期間が終わっても投与し続ける医薬品もあるので、12周期で投与し続ける医薬品を選ぶのもいいでしょう。フィラリア症の予防法としては、毎月1回投与するスポットタイプとチュアブルタイプの方法の他に、1年に1回投与するだけで済む注射タイプがあります。ラクな方法で投与し忘れる心配のない方法は注射ですよね。病院で確実に投与してもらえるので、飼い主も安心でしょう。しかし、副作用を引き起こしたケースの例が一番多い方法でもあるため、雑種や血統種なんかは止めておいたほうがいいかもしれません。多くの飼い主に人気のある方法は、スポットタイプのレボリューションという医薬品です。フィラリアだけでなくノミやダニも駆除してくれるので、とても便利な医薬品となっています。