投与する際の注意 | 対象の動物にあったレボリューションを通販で!

対象の動物にあったレボリューションを通販で!

投与する際の注意

「投与する際の注意」の画像です。

フィラリア症を予防する際に、レボリューションなどの医薬品が多くの飼い主から人気があり利用する人も多いですが、投与の仕方を間違えると医薬品の意味が無くなってしまいます。フィラリア予防は、投与すると確実に予防することができますが、適量・適切に投与する必要があります。どの医薬品であっても、医薬品が動物に合っていなくては、副作用を引き起こしてしまったり、医薬品の効果が薄くなってしまうことがあります。しっかりと投与する前の薬選びが重要になります。
色々な医薬品がありますが、どの医薬品であっても、動物によって成分の配合を変えています。そのため、犬用・猫用のように、対象動物に合わせた医薬品が発売されています。医薬品が、犬や猫の適正量が多ければ効果よりも副作用のほうが強くなってしまうこともありますし、犬や猫の適正量より少なければ効果が薄くなってしまいます。多めに投与していれば安心だという考えの人は要注意です。また、医薬品の対象が、どの犬や猫に本当に合っているのか間違えている飼い主も多いです。一般的に大型犬、中型犬と言われているような犬でも、太っていたり痩せていたりしますよね。一般的には中型犬と言われているけれど、中型犬の領域を超えている体重であれば、中型犬用を購入しても意味がありません。医薬品を選ぶ際には、一般論ではなく、その動物の体重で選ぶようにしましょう。医薬品にも、中型犬用や大型犬用と書いている他に、体重も記載してくれています。犬や猫の体重を計り、体重に合った医薬品を選ぶことが大切だということが分かります。
また、子犬や子猫などには利用できない医薬品もたくさんあります。逆に子犬こや子猫でも使用できる医薬品もあるので、色々探してみるといいでしょう。